Wild animal maintenance

アクセスカウンタ

zoom RSS アクティブカレッジ4回目☆

<<   作成日時 : 2009/11/12 01:40   >>

ナイス ブログ気持玉 160 / トラックバック 0 / コメント 46

(・∀・)ノこんばんや〜☆
11月3日(祝)のアクティブカレッジのもようでぇす♪
いつもの堺自然ふれあいの森にて〜

画像


はいは〜い
朝の森、前日の超強風がウソの様によく晴れました☆
今回は間伐にチャレンジですよぉ
間伐は寒い時期にするのが基本です。

なぜかというと
樹がおとなしいから(笑)
というのは、夏場は樹が育つのです。
年輪を見れば東西南北がわかるように
日がよく当たっている方角の年輪は幅が広く
北側は幅が狭くなってますよね。
だから冬は全体的に樹そのものが
眠っている状態です。
そういう時期こそ、切りやすく
葉も少なくて作業もしやすいんですよ。


私達、素人中の初心者なので
本格的な間伐はまだやらせてもらえません。
あくまで練習です。
切り倒す道具も、チェーンソウや斧のような
危険な道具は使わせてもらえません。
ですから、手で使用するノコギリで切ります。
先輩様のお手本です↓

画像


そして、樹もそんなにぶっとい樹は一人で切るのが
困難なので、私らでも切れる太さのを練習しました。

私はヒノキ、ガマズミ、ヤマモモ、あと何か思い出せない(笑)
とか切らせてもらいますぃたっヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!
まず、始めに倒す方向に切れ込みを入れます
こんな感じで切りました↓

画像
画像


三角に…40°〜50°ぐらいの角度に

画像
画像



その次に、三角に切り込みを入れた真逆の方向から
先に入れた切り込みより、少し上を樹に垂直に
直線状に切っていきます。
すると、三角に切っておいた方へ
樹が倒れるということです。
周りに細心の注意を払いながら、
障害物がなるべくない方向へ倒さなければいけません。
一緒に作業している人に危険がないように
声をかけあってやるのですよ〜。

画像


指導してくださった先生が私に花束を渡すように(笑)
可愛らしいオーガニックコットンをくださいました
そうよねぇ〜
私が一番若い娘だもん((´∀`))ケラケラ
そんなんちゃうっちゅぅねん!

画像


↑切り終えた木材の一部です。
もっとありますよ〜9人で切りましたからね。
使える木はそれなりの利用をします。
こうして枝葉も全部ちゃんと始末して
間伐終了です。

樹を切り倒すよりも、枝葉除去の方が
面倒で時間がかかりますよ。

参加者の方が前回、素朴な疑問をお持ちでした。
それはなんで間伐しなくちゃいけないのか?ということと
積もった枯れ葉をそのままにしていたらいけないの?
という質問でした。

この森では、ここにある(枯れ葉や枯れ枝などの)もので
堆肥を作って、それを利用しています。
↓他の方々はこういった農作もされています。

画像


写真、手前のは蕎麦の実ですね。

堆肥として利用する分ももちろんあるんですが、
落ち葉があまりにも沢山積もると…
落ちたドングリが発芽できません。
土にもぐれない、それにもぐれたドングリの上に
あまりにも積もりすぎると、芽を出せません。
だから、少し減らしてあげるのが次世代の樹を
育てることになります。

間伐もそうです。
この森は自生植物をあるがまま、そのままにしている場所と
人が散策可能な人為的な森の部分があるんです。
散策道を作るだけでも10年以上かかっています。
人為的部分の森に関しては、放置しては樹は枯れてしまいます。
間伐は生い茂った森に光を通してあげるのが第一の目的です。
木の葉は、みんな日差しを求めています。
ある程度、日当りを良くしてあげることも必要なんです。
あとは、まぁ一応、間隔を空けるような場合もありますが。


だいたい皆さんが歩いて入れる森は、人為的な森
手つかずの自然の森には道もありません。
最近、日本の森は荒れ地になってしまっている場所が増えています。

元々、山を所有していた田舎の地主が年老いて亡くなり、
都会に出てしまった子孫が後を継いで土地を所有しますが
その方々は、山がどうなろうと知らないという事があるためでしょう。
環境保全ができる者への売却をする方が自然は守られるという事です。


にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

RANKING


ブログランキング
BlogPeople「自然・科学」ブログランキング
blogram投票ボタン


ファイブ ブログランキング
日記・ブログランキング

日記・ブログランキング
ブログランキング
TREviewTREview





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 160
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
重労働、お疲れ様でした。
間伐に関する作業、種々学ばれてきましたねぇ。
昔は、山の地主さんも下草刈りや、間伐を熱心にされてましたが、今は完璧な放置状態で小さな幼い木も育たないし、松茸も自生しなくなってしまいましたね。
私は、学生時代に家の風呂が五右衛門風呂だったので、山へ木を切りに行ってました。
勿論、”チエーンソ−”を使ってね。
樹齢の経った太い木を倒す時は、ほんと周囲への”目配り”・”気配り”・”心配り”が基本、これからも十分に気をつけてくださいね。
saganosanyaso
2009/11/12 05:08
お疲れ様でした!!
森林を守る為に、このようなお手入れが重要なんですね。
間伐は日当たりを良くする為、としか知らなかったので、ドングリの発芽のお話で、なるほど〜と思いました。
オーガニックコットン、凄く綺麗ですね♪
tortoiseshell
2009/11/12 08:43
作業お疲れさまでした〜。
いろんな木を切られたのですねぇ。
私も数年前に間伐体験で、杉(直径15〜20cmくらいだったかな)を一本切らせていただきました。もちろん手鋸で。とっても疲れたのを覚えています。
森林管理(特に人工林)は多くの課題があって大変ですが、最近はいろいろな活動があり、少しずつでも改善されていくような気がしています。(ちょっと楽観的すぎ?)
みちくさケロ太
2009/11/12 16:44
間伐の大切さを知らない人って多いんですよ〜。自然を荒らしているのと同じじゃないか!って勘違いしている人がいますよね。
みんな地球の同居人。そうやって仲良く手を繋いで守っていくことが大切なんですよね。

2009/11/12 18:03
アクティブカレッジ
すごい、本格的ですね
伐採の仕方なんかも実習されるなんてびっくりしました・・
こういった森の育成みたいなことも真剣に取り組まないといけない世の中になっていますものね
切り倒すばかりの森林が、地球の温暖化へ加速していることもあるのですものね
そんなことを学んでいくことは大切なことだと思います・・
美々
2009/11/12 20:25
こんばんは。
ご苦労様でした。間伐は森林を維持して行く為には大切な事だとは良く聞いておりましたが、実際にやるのは大変な事ですね。日本は森林の国ですから、失業対策の面でもこの様な仕事に従事して頂く人を増やしてもらうのが、良いと思うのですが。
気持玉を頂きありがとうございます。
毎日日曜人
2009/11/12 20:48
こんばんは。
大変な作業、お疲れ様でした。
記事を読んでいて、高校の授業を思い出しました(農業科でした)。ほとんどの森が人為的なものであるところ、山がどうなろうと知らない、の下り。胸に刺さってきます。
あるがままに、自然のままにってホント難しいですね。
pom
2009/11/12 23:06
こんばんは。
貴重な経験をされましたね。
ただ労働するのではなく勉強しながらだとより張り合いがあるし頭にはいりますね。

その晩はよく眠れたでしょうか。
tami
2009/11/12 23:14
アクティブカレッジお疲れさまでした。
間伐は大切なお仕事ですよね〜
森を綺麗な感じで維持しようと思ったら、定期的にやらないとですよね^^
でも写真を見て倒れるそ〜〜〜〜ぉって言葉が
ぴったりの木の切り方ですが
お怪我のないように頑張って下さい。
サマンサ
2009/11/12 23:25
応援ぽちん。
むーみん
2009/11/13 00:43
「木が倒れるぞぉ〜〜」を地でやってきたんですね〜
うちの横には杉の木がたくさん!それこそ地主さんは都会に出てしまっててうっちゃってあります。
下枝も全然落としてないので風が吹くと枯れ枝がひどい!近所の方が電話したら適当に切ってください、って・・・そりゃないでしょう!って・・
みやこ
2009/11/13 10:45
応援ぽちん。
むーみん
2009/11/14 00:50
堺自然ふれあいの森に来られたのですか、、、
色んな事にチャレンジして驚きましたよ、
身体に気を付けて頑張って下さい。
しょういちくん
2009/11/14 11:48
o(*^ー^*)oお疲れ様でした!
ちぬうさんは何にでもチャレンジ
出来るんですね!凄い
「間伐」と聞いただけで、素人は無理
女は出来ないと決め込んでしまいます。
チャレンジの”心”いつまでも、
いつまでも持ち続けてくださいネ!
鈴蘭
2009/11/14 15:45
応援ぽちん。
むーみん
2009/11/15 00:19
こんばんは〜。
木を間伐する方法は、なんとなくTVなどの映像で見たことはありましたが、ちぬぅさんの解説にあるように正しい方法を教えてもらったのは今回が初めてです^^

実践する機会はなかなか無さそうですが、使える時が来た時!?に思い出せるように頭にたたき込みました^^
donaugo
2009/11/15 02:09
母の実家の方は山持ちの多いところでやまの管理人を置いていたようですね。
農地と違って、山開放がなかったので、終戦後はよかったみたいですが今は如何なのでしょう?
山管理も大変だと聞いてました。
幅広い活躍なさるのですね。
ランキングはポチポチしてますよ!
ハッピー
2009/11/15 20:22
応援ぽちん。
むーみん
2009/11/16 00:34
お疲れ様でした。
里山は人が管理し手を入れることで守られます。管理しなくなった里山は荒れ放題で小動物も住めなくなってしまい悲しい運命が待っていますから・・・
k_birder
2009/11/16 18:12
応援ぽちん。
むーみん
2009/11/17 00:18
いやはや、コメントの多さもさることながら、
気持ち玉のすごいこと、、。
話がそれました、先日TVで森を復活させる達人だか、名人だか表現は忘れましたが、そんなマイスターがいらっしゃるとか。
普通森を伐採等して、はげ山になると元に戻るのに100年はかかるとか、それがその達人にかかると、十年か二十年ほどで森が元通りとは勿論いきませんが、相当回復するという方法を紹介していました。
それは、高い木低い木、いろいろな木をランダムに植えること。同じ木種類の同じ大きさ高さの木ばかりだと、互いに競争して育たないのだとか。間伐採は、そういう育ちやすい環境を作る知恵なんでしょうね。それから、1〜2種類の木だと、その木が病気になるとあっという間に森全体に病気が広まり全滅するということでした。
Jyo
2009/11/17 01:36
人が睡眠をとり身体を休めるように、動物がえさの取れない間、冬眠して体力を温存し、自身を休めるように、木々も休む時期があるんですね…。初めて知りました^^
syoが、間伐をしたら、気を切ることはできても、自分の頭に「ゴッチーン…ィテッ…。。☆」」ピーポー…が来そうですが…。そんなsyoでも、できるかなぁ…。
syo
2009/11/17 03:11
応援ぽちん。
むーみん
2009/11/18 00:15
>saganosanyasoさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
そうですねぇ、放置してしまうとあっという間に
荒れ果ててしまいます。だから、いつも綺麗に保たれている環境を見ると、ここは誰かが一生懸命守ってくださっているんだなぁって感謝します。
ここの森は30年間放置されていたのを、ボランティア中心でここまで整備されたんですから、感心しきりです。
こういう事は行政にまかせるとロクでもないようですからね。saganosanyasoさんは慣れてそうですね(笑)
私も見習わなくては…
ちぬぅ
2009/11/18 17:23
>tortoiseshellさん

こんばんは!いつも有難う御座います♪
そうですね、私はよく本を読むんで知識だけは先ずありましたが、やはり実践してみてこそ解る事も沢山あるなぁって思いましたし、いろんな方の考え、意見も聞けてとても有意義でした。
ノコは上手いね(笑)って言ってもらえました♪
親の影響だと思います。
オーガニックコットンは可愛くて、触り心地がとっても気持ち良いです♪
ちぬぅ
2009/11/18 17:27
>みちくさケロ太さん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
今回、いろんな木を切らせていただいて、木によって堅さもいろいろだと思いました。杉はこの森にはありませんので切りませんでしたが、
植林の代表として話題に上り、杉は柔らかくて真直ぐな分、切りやすいと先生はおっしゃってました。
杉林が多過ぎるのも国策の失敗です。お陰で近年、花粉症が蔓延したり、水域にも影響が出ています。
関心は高まっているのは確かだと思いますが、それでも一部の人に過ぎませんね…NPOの方などのボランティアでなりたっているとなると、個々の負担が大き過ぎます。もっと多くの方に関心持っていただきたくて、こんな記事書いてるんですけどね〜(笑)
読んでくださるのも、元々関心の高い方なので無関心な方に訴えかけるのも難しいですね〜(汗)
ちぬぅ
2009/11/18 17:36
>涅さん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
先生のご指摘の通りですね。
これに一緒に参加されている仲間の方も、初め同じ様な考えをもってらした方がおられましたから。
どうして木を切ってしまうのが保護に繋がるのか理解できないようにおっしゃっておられました。
でも、よくよく説明をお聞きになって、納得されたようでした。
それは、間伐のようなハデなパフォーマンスの前に根笹刈りのような地味でハードな作業をやって、こんなに薮が生い茂って、他の植物が枯れてしまっているのをはっきり感じられたお陰でもあったんじゃないかと思いました。
植林イベントは多いですが、植林だけではダメだという事を多くの方に理解して頂きたいですね〜。涅先生にもそういう問題定義、宜しくお願い申し上げます♪
ちぬぅ
2009/11/18 17:44
>美々さん

こんばんは!いつも有難う御座います♪
原生林、ジャングルの森林破壊は実は先進国の陰謀です。地元の方は被害者といっていい。
また、こういう公園的な要素のある森の場合は適度に管理して切る木、植える木を計算して計画的に作っていくわけです。
これはもう、根本的に別モノですね。
途上国の土地買い占めを先進国が止めないかぎり、地球規模での森林破壊は止まりませんね。
マイケル・ジャクソンも天国で泣きますよね。
ちぬぅ
2009/11/18 17:50
>毎日日曜人さん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
そうなんですよね、これをもっと仕事としてやっていければいいのですが、林業業者も今は厳しい世界ですね。また、このような事は市民でなるべく解決し、市民中心で取り組めるよう行政をも動かす程の市民活動が大切なようですね。
これを行政に任せてしまうと、もっと酷い結果に成りかねないのが現在の社会です。
街路樹ひとつ取っても、不勉強な行政側が植えた木は街路樹には相応しくない木だったり、やっぱりいろんな面で市民がもっと積極的に動くのが理想かもしれないと思いました。
ちぬぅ
2009/11/18 17:57
>pomさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
お勉強なさってらしたんですね。そうでしょう、現状は放ったらかしの森だらけになってますよ。
一旦、荒れ地になってしまうと、それこそ大変なんですが…
管理が大変なのも解りますが、個人の所有地といえども、周囲に影響はありますし。
それこそナショナルトラストなどに土地を提供されればいいのでは?と、思います。
ちぬぅ
2009/11/18 18:02
>tamiさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
私は学生時代はどちらかというと、スタディマニア的で、知識ばかりの人間でした。
子供が小さい間は家庭第一、こんな活動に加わる事もありませんでした。今はようやく、知識だけ、言うだけ人間じゃない様にと、体験重視になっています(笑)それでもまだまだなんですが…
体験させていただける事が有難いと感じています☆それと、こういう場を通して人のお話も聞けることがなにより貴重に感じています。
ちぬぅ
2009/11/18 18:08
>サマンサさん

こんばんは!いつも有難う御座います♪
まさに、倒れるぞぉぉ〜ですね(笑)でも
案外、枝同士が絡まってしまてて、ドスーンと一気に倒れることはなかったんですよ。でも注意しなくちゃいけませんけど。
間伐は前の根笹刈りより数倍楽しい作業でした。まぁ適度にやらせてもらったので言えることです。何十本も切るとなるとしんどいでしょうね(笑)
ちぬぅ
2009/11/18 18:13
>むーみんさん

こんばんは!いつも応援有難う御座います〜♪
ちぬぅ
2009/11/18 18:15
>みやこさん

こんばんは!いつも有難う御座います♪
まさにアルアルですね。そんな場所だらけなんですね、最近の日本国内事情って。
参加者の方もそういう苦情の例をあげてらっしゃいました。
実は森というのは木だけの問題じゃないんですよね。その土地の水域にも大きく影響が出ますから、治水とかも関係してきます。
大きな災害も起こりかねないです。
ちぬぅ
2009/11/18 18:20
>むーみんさん

いつも応援してくださり、誠に有難う御座います☆
ちぬぅ
2009/11/18 18:22
>しょういちくんさん

こんばんは☆いつも有難う御座います!
はい、しょういちくんさんもまた遊びにいらしてください(笑)
冬場になって閉園時間が早くなってしまってますけど…そしたらもうあそこはお墓ばっかりですね〜(笑)
ちぬぅ
2009/11/18 18:25
>鈴蘭さん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
そうですねぇ、貴重な体験をさせていただいて感謝感謝です。
思ったほど重労働でもなかったですよ♪
しんどい作業は指導してくださったNPOいっちんクラブの方達がやってくださって(笑)
なんせ参加者に若者もいませんから…若い子ももっとやってくれればいいのに…
たまに大学生が研究に来るみたいですけどね。
ちぬぅ
2009/11/18 18:30
>むーみんさん

こんばんは!いつも応援有難う御座います☆
私も非力ながら応援させていただいておりますょ♪
ちぬぅ
2009/11/18 18:32
>donaugoさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
地元でのボランティア情報などに目を通されると、意外とこういうのもあるんじゃないですかぁ?(笑)一度やってみるともっと解りますよ(笑)
ボランティアってホントにいろいろあるんですよ。新米のお医者さんのダミーの患者になってあげるとか(笑)なんだか、ぇえ!?こんなのもあるの?みたいな感じでいろいろありますよぉ〜
ちぬぅ
2009/11/18 18:36
>ハッピーさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
ランキングもクリック有難う御座います!!
そうですねぇ、農地に関しては今はブームなので貸し出しとかもされていて、活用あるみたいですが、山となるとそれは管理が大変ですよねぇ。
個人でどうこうしようにもお金もかなりかかるでしょうね。
でもそれがもうそろそろ限界に来ている部分もありますね。
個人でどうしようもないなら、管理できる組織にゆだねるのがいいと思うんですよねー。
ちぬぅ
2009/11/18 18:41
>むーみんさん

こんばんは!いつも応援有難う御座います♪とっても感謝しています♪
ちぬぅ
2009/11/18 18:43
>k_birderさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
そうなんですよね。まず、こういう所から生態系を保全していかなくてはいけませんよね。
人とその他の生き物が共存、共生していけるのが里山です。今、誰も管理できない里山も増えています。
動物も植物もなくては、人も生きられないのですが、みんなが「誰かがやるだろう」では結局誰もやらなくて、そのうち手遅れになりますね。
ちぬぅ
2009/11/18 18:48
>むーみんさん

いつも応援有難う御座います☆更新が遅くて同じ記事ばかりですみませ〜ん(汗)
ちぬぅ
2009/11/18 18:51
>Jyoさん

こんばんは!いつも有難う御座います☆
ええ、そうなんですよ。私もその森林のマイスターさんは残念ながら存じ上げない(番組見てませんでした)ですが、全くそういうやり方で、
この森も作ってますね。そこそこ木の特性を利用しつつ、バランスをとらせています。
病気は特に松が要注意です。本来、松は種類によっては高山でも自生する(ハイマツなど)丈夫な木なんですが、虫が付きやすく、1本感染するともの凄い勢いで広がってしまいます。
この森で面白いなぁと思ったのは、元々農地だった場所が今は笹の茂みになっていたりするんですが、農地の脇によく植えられていたユズとかカキがいつまでも元気で実を沢山つけています。そんな名残が、ここ農地だったんだぁウソみたい(笑)放っておいたらこんなに荒れるんだぁ…って思うんですよね(笑)
ちぬぅ
2009/11/18 19:01
>syoさん

こんばんは!いつも有難う御座います♪
可愛いですねぇ(笑)ウチらが切らせてもらった木はそんなにゴツくないんで、万が一自分の方に倒れてしまってもそんなに恐ろしいことにはならないと思うんですけどね…(笑)それに木の枝同士が、かなり絡み合ってしまってて、一気にドシーンと倒れる感じにはならなかったんですよ。
アケビのツルとかすごく巻き付いていて、切り終わった株の枝払いの方が面倒臭かったです(笑)
ちぬぅ
2009/11/18 19:07
>むーみんさん

こんばんは!いつも応援ホントに有難う御座いますぅ♪
ちぬぅ
2009/11/18 19:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Wild animal maintenance
■お気に入りリストを表示■


このサイトのあなたのレビュー!





↓友達が描いてる本

↓友達が作ったGAME
くまたんち Last fm. HMVジャパン
Twitterブログパーツ
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
アクティブカレッジ4回目☆ Wild animal maintenance/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる